響きあう医療とは

響きの杜クリニックの理念

響きの杜クリニックでは病気をこころとからだ全体からとらえて治療し、
病気にならないからだを作るための「響きあう医療」を提供します


「こころとからだの響きあい」

1)病気の原因を明らかにし症状を改善する

西洋医学的診断と治療を基本としますが、自然治癒力の発揮に重点をおき、
漢方やホメオパシーなどの代替医療を取り入れこころとからだの
バランスの崩れを是正します


2)病気の真の原因と意味を知る
  
婦人科の病気の多くは精神的なストレスが発症のきっかけとなっています 
病気の真の原因とその意味について考えるために臨床心理士による
カウンセリングで心へのアプローチをします


  3)病気にならないからだを作る
 
病気の原因となったそれまでの生活環境を正すことが真の治癒に
つながる道であり、そのためのさまざまな手段を提供します

  

「こころとこころの響きあい」

 
 
クリニックのスタッフは、患者さんの心身の健康が戻るよう真摯な気持ちで
最大限のお手伝いをさせていただきます
同時に自分自身の心身がいつも健康であるように努めます


「からだと環境の響きあい」

病気にかかったときほど誰もが思いやりの心と癒しの空間を必要とします 
クリニックでは、建物自体が癒しの空間となるよう配慮しています




ご挨拶

病気には意味がある


 私たちには本来は健康になるような仕組みが備わっています。
ですから、どんな病気にも必ず原因があります。そしてそれは、病気自体の原因ではなく、病気を招いた側の原因もあるのです。

 たとえば、がんを例に取れば、その直接の原因はがん細胞ですが、同時にがん細胞の増殖を許したからだにも原因があります。ですから病気の治療には二つの方向からのアプローチが必要です。前者の直接的原因へのアプローチが現代西洋医学であり、後者の自分自身の本質的な体質を見直し改善すること、すなわち自己治癒能力の発揮へのアプローチが代替医療です。従って西洋医学と代替療法とは真に病気を治すための両輪なのです。

 響きの杜クリニックでは西洋医学と代替医療をあわせた統合医療を実践しています。
西洋医学だけでなく、効果の確かな代替医療の中から患者さんに合った医療を提供します。

 病気の真の原因が解決するとき、人間としての成長と進化につながり、病気は大きな意味を持つのです。


院長 西谷 雅史



Copyright (c) 2006- Hibiki-no-mori Clinic All Rights Reserved